· 

タイムウェーバーのフォーカステキストに入れる文言について

タイムウェーバーの日本支社の寺岡里紗さんが書かれた本に、『問題や病気にフォーカスし過ぎない』ということが書かれています。

何故かというとネガティブなものにフォーカスし過ぎる事自体が、そこへエネルギーを注ぐことになるからです。

そうではなくて自分の望む未来の為にエネルギーを変化させ、今その現実は置いておいてその現実をどうシフトさせるかにフォーカスしないと現実を変えることは難しいと書かれています。

確かにそうなんです。

例えば病気の場合病気を治すことを目的にするのではなく、病気を治したその先に自分はどうしたいのか、どうなっていたいのかに目的を定めた方がより良い未来が築けるということなんですね。

例えば膝が痛い場合『私の膝は痛みが治りました』ではなく『私の膝は最適に機能し歩くことを楽しんでいます』とすれば、フォーカスしていることは『歩くことを楽しむ』になるわけです。ネガティブな文言はないですよね?

問題となっていることが解決した先の自分がどうなっている状態が嬉しいのか幸せなのか、そこにフォーカスすることで結果痛みが消えるというエネルギーの流れになります。

結局はやはり自分がどうしたいのかどうなりたいのか何がベストなのか、そこですね。

内観しないと見えてこないので、1日1回は自分に向き合う時間を作る習慣をつけましょう😊